モンテカルロ法

モンテカルロのカジノを破産させた攻略法!

マカオのカジノで遊ぶならここ!おすすめカジノつきホテル6選

魅惑的に輝く金色のきらびやかな世界。マカオの夜とカジノはとても魅惑的です。
マカオに行くなら、カジノも楽しみたいですよね。「カジノで遊びたいからマカオに行く」という人もたくさんいます。
マカオのカジノ数は30以上あります。24時間営業しているカジノもあるので、時間を問わず楽しめるのが魅力です。治安を心配する方もいると思いますが、繁華街は深夜もにぎわっているので安心です。
深夜でも、路線バス、カジノのシャトルバス、タクシーが走っているので、カジノまでの交通手段に困ることはありません。
カジノの入場料は無料です。プレイを観戦するだけでも入場できるので、カジノが初めての方は、雰囲気を味わうだけでも楽しめると思います。
マカオには安心して楽しめるカジノがたくさんありますが、その中でもおすすめのホテルつきカジノを六つご紹介します。

   

グランド・リスボア

440台のゲームテーブルと800台のスロットマシンがあります。15部屋あるVIPルームには、180台のゲームテーブルがあります。
グランド・リスボアは、マカオカジノのシンボルとして人気があるカジノホテルです。夜になるとカラフルなネオンにより、近未来的なデザインの外観がライトアップされるので、カジノで遊ぶ前からワクワクしますよ。
グランド・リスボアのカジノフロアは数か所にあり、さまざまなゲームを楽しむことができるので、いろいろなゲームをプレイしたい方におすすめです。
本場ラスベガス式のショーを鑑賞することもできるので、「これぞカジノ!」といった雰囲気を味わいたい方にピッタリのカジノです。

   

ギャラクシー・マカオ

600台のゲームテーブルと1500台のスロットマシンがある、とても綺麗な巨大カジノです。
マカオの総合型巨大リゾート施設、「ギャラクシー・マカオ」の中央にカジノは位置しています。
ギャラクシー・マカオは、マカオで初めてとなる日系ホテルを含む三つの五つ星ホテル、ショッピング、ダイニング、カジノなどが集まった場所です。ショッピングアーケードに直結した多数の出入口があり、家族で楽しめる施設が揃っているので、カジノで勝ったらショッピングや食事を楽しむといった遊び方もできます。
カジノの中にも24時間営業しているカフェや、ショーを楽しみながらお酒が飲めるバーなどがあるので、プレイの合間に休憩したい時などに便利です。

   

ザ・ヴェネチアン・マカオ

バカラやポーカーなど400台のゲームテーブルと2000台のスロットマシンがある、とても美しいカジノです。
「ザ・ヴェネチアン・マカオ・リゾート」内にあり、世界一の総面積を誇るプレイエリアは、東京ドーム1個分ほど。
「ザ・ヴェネチアン・マカオ・リゾート」は、コタイ地区にある世界最大規模の大型リゾートです。カジノへ行くには無料シャトルバスが利用できます。

   

ザ・プラザ・マカオ

175台のテーブルゲームと200台のスロットマシンがある、落ち着いた雰囲気の大人向けカジノです。
「フォーシーズンズマカオ」内にあり、ザ・ヴェネチアン・マカオと連結しています。
「フォーシーズンズマカオ」は、競争が激化しているマカオホテルの中でも最上級と位置づけられており、欧州風の洒落た外観の高級リゾート施設です。
フォーシーズンズマカオのリッチなイメージをそこなわない空間で、落ち着いてプレイしたい方におすすめです。
ハイリミットエリア(最低掛け金が高く設定されているエリア)では、全員にシャンパン、スパークリングワイン、チョコレート、いちごのサービスがあります。

   

シティ・オブ・ドリームス

カジノは二つのフロアに分かれています。1階のシティ・オブ・ドリームズカジノは、450台以上のゲームテーブルと1500台以上のスロットマシンがあります。
2階のハードロックカジノは、共通チップで遊ぶことができ、世界的に名が通っているミュージシャンの名品が展示されている洗練された空間です。
「シティ・オブ・ドリームス」は、二つのカジノ、三つの大型ホテル、ショッピングモール、劇場などが集結した総合リゾート施設です。

   

サンズ・コタイ・セントラル

カジノは、「ヒマラヤ」と「パシフィカ」という二つのフロアに分かれています。
ヒマラヤカジノは、190台のゲームテーブル、150台のVIPゲームテーブル、600台のスロットマシンがあります。
パシフィカは、200台のゲームテーブルと1300台のスロットマシンがあります。
「サンズ・コタイ・セントラル」は、三つの有名ホテルやショッピングモールが入った、大型複合リゾートです。

   

まとめ

マカオは、とても綺麗で巨大なカジノリゾート施設が豊富なので、「マカオに行くならカジノにも行ってみたい!」という人が多い理由がわかります。
カジノはお金持ちの遊びというイメージがありますが、2,000~3,000円ぐらいでも遊べるので、初心者の方にもおすすめです。
マカオのおすすめカジノつきホテルで、楽しい時間を満喫してくださいね。

モナコ公国モンテカルロのカジノを破産させたと言われている攻略法で、一般的に3倍以上の配当のゲームに適しています。

しかし、配当が2倍のゲームにも十分に対応させることができる優れた方法です。

ココモ法よりも更に投資額を低く抑えた投資方法ですが、1回の的中で利益が得られるものではなく、何度か的中していくうちに利益を獲得していく方法です。

ただし、ある条件を満たした時点が1セットとなり、その時点では必ず利益が出るようになっています。

最小単位を$1として説明します。

最小単位の1倍、2倍、3倍の数字を紙などに書いておきます。

ここでは「1 2 3」となります。

この両端の数字の合計1+3=$4が初回の賭け金となります。

もしも、最小単位を$2とした場合は「$2 $4 $6」となり、初回の賭け金は$8となります。

「1 2 3」はあくまでも最小単位に対する倍数のことなので注意してください。

ここで的中しなかった場合、2回目は前回の賭け金を数列の右端に書き足します。

「1 2 3」に前回の賭け金の4を足して「1 2 3 4」となります。

次の賭け金は、両端の数字1+4=$5が賭け金となります。

※数列の右端に書き足す数字は前回の賭け金になります。

多くの情報がこの点を間違っていますので注意してください。

このように、モンテカルロ法では的中するまで前回の賭け金を右端に書き足していき、左右を足した額を賭けていきます。

的中した時は、配列した数字の両外側からそれぞれ2個ずつ消していきます。

例えば、「1 2 3 4 5 6 7」の時に的中したら、次回は両端から2個ずつ1、2と6、7を消して「3 4 5」となり、次の賭け金は、両端の数字3と5を合計した$8を賭けます。

この配列「3 4 5」で、再び的中した時は、更に両端から2個ずつ消すことになりますが、これでは配列した数字自体が消滅しますので、この場合は最初の「1 2 3」に戻ります。

この「1 2 3」に戻す時点までが1セットとなり、この時点で必ず利益が出ます。

なお、この配列「3 4 5」で$8の賭け金での勝負に負けた場合は、次回は前回の賭け金の8を右端に加えて「3 4 5 8」となり、次回の賭け金は11となります。

下記の例は2倍の配当のゲームで4回目と8回目に的中した収支です。

8回目で1セット完了となっています。

回数 1 2 3 4 5 6 7 8
賭け金 $4
(1+3)
$5
(1+4)
$6
(1+5)
$7
(1+6)
$7
(3+4)
$10
(3+7)
$13
(3+10)
$16
(3+13)
トータル収支 -$4 -$9 -$15 -$1 -$8 -$18 -$31 +$1

1セットが完了して利益を確定させるまでは負けに応じて2度 、3度と勝たなくてはならない場合がありますが、賭け金の上昇を抑える意味では優れている投資法です。

   

  

  

gotoTop