オンラインカジノの疑問に答えます

ゲームの公平性・セキュリティ・プライバシーの保護など

オンラインカジノと日本

日本ではカジノというと馴染みが薄いかもしれません。 しかし世界を見渡してみると、カジノは優秀な娯楽として市民権を得ている場合が多いのです。
ラスベガスなどはカジノの街としても有名ですよね。 もちろん、日本人であったとしてもラスベガスならばカジノに参加することは可能なのです。 アメリカへの海外旅行者がラスベガスでカジノを楽しむ経験をするのは、いわば定番にもなっています。
またラスベガスと言えば、アメリカでも有数のエンターテイメントの集まる街です。 多くのショーも行われ、世界からの観光客でも溢れかえっていますね。 ラスベガスがカジノの街だと呼ばれるようになったのは、そもそもが人が集まりやすい場所だったということでしょう。

ここで少しラスベガスについて話してみたいのですが、まず、ラスベガスがあるのはアメリカのネバダ州になっています。
ここはネバダ砂漠というとても大きな乾いた砂漠が広がっているのですが、こんなところにまさにラスベガスがあるのです。
砂漠というと、どんなところにもオアシスというものはありますがネバダ砂漠のオアシスの一つがラスベガスとなり発展したのです。
また、アメリカほどの国であればどんな砂漠にも国道は通っていて、ラスベガスというオアシスは交通の拠点として、住みやすい場所として、またカジノという息抜き出来る場所として発展してきたのです。

カジノといえば、世界の数ある賭け事の中でもメジャーなものです。例えばパチンコのように、パチンコ台があって玉を弾く…という明確な形があるわけではないのです。
カジノと聞いて多くの方が連想するのはルーレットでしょう。誰しもがさまざまなドラマや映画で見たことがあるかと思います。 丸く大きなルーレット機材があって、ボールを打ち出すとそれぞれの数字の「ポケット」に入っていきます。
どの数字に入るのかを予想するわけですが、多くの場合黒や赤という大きな枠組みの中で決めても良いのです。
いかにもカジノだという感じのするルールですが、賭け事というのはそれこそ株などとは違うのです。
株取引はさまざまな情報を持って、分析したりテクニカルを磨いたりして利益を得ていきます。
カジノは戦略というものはなくただただ「賭ける」ことだけなのです。

日本ではパチスロなんて人も居るように、パチンコは実力を磨いてそれだけで生活するようになれる人も多く居ます。
日本ではギャンブルには法律的に厳しい部分があるので、パチンコやパチスロ自体も何とかギリギリのところにありますね。 まったく白とは言えないということですが、もちろん違法とは言えないのでしょう。
しかし日本でもカジノを合法化しようという動きが出てきています。どうしてカジノを進めたいというと、やはり経済的に良い効果があるからだと思われます。
ただし一足飛びに国内全体がカジノ合法化とはならないと予想されます。つまり「特区」のように地域によって、認める場所と認めない場所が出来てくるはずです。
うまく分散化させて、地域を発展させることによって収益による経済効果と観光による地域活性が見込まれます。
当然海外からもカジノ目当てでやってくる人も居るでしょう。 そうした人たちは非常にお金を持っていることが期待されていますから、地域にたくさんのお金を落としてくれるでしょう。
日本に来た観光客がみなお金持ちだとは限りませんが、そもそもが海外旅行をする人は少なくとも貧乏ではないのでしょう。

日本人の中でアメリカのラスベガスに旅行に行くような人は日本の中でもある程度はお金に余裕がある人でしょう。そういう方々が海外でお金を使わず、日本国内のカジノで、或いはそれ以外のカジノを目当てに訪れた場所の他のスポットにお金を落としたりすればそこの経済も回るようになるのでそれだけで良い効果が期待出来るのです。
日本ではギャンブルというとあまり良いイメージをもしかしたら持たれていないのかもしれませんが、それは日本では規制されているから文化が無いからなんですよね。
もしカジノがもっと昔から日本でも発展していれば、それだけ浸透していたでしょう。
ただしそれこそパチンコもギャンブルみたいなものですし、もはやブラックなイメージは持たれていないでしょう。 カジノは日本では規制が強かったものですから、どうしてもいわゆる闇カジノのイメージはより悪く持たれていますね。

しかし日本でもカジノ解禁になれば、すぐにそんなイメージは払拭されるでしょう。 そういったギャンブル解禁地区が出来るとすれば、ルーレットだけではなく当然トランプ的なものも出てくるでしょう。 そうして考えてみると、カジノとはやはりゲーム的な要素を持っているのだと思います。
よくあるゲームセンターでは、たくさんのコインを使った機材が多く置かれています。 それはつまりお金を賭けないカジノのようにも見えますし、実際に人気がすごくありますよね。 カジノが普及することによる良い効果とはどのようなものなのでしょうか。
一つ考えてみるとすれば、やはり経済の活性効果に尽きると思います。 規制が緩くなれば、すぐにでもカジノを国内で楽しめるようになるでしょう。

公平なプレー

オンラインカジノでは公平なプレーを証明するために、毎月、ゲームのペイアウト率のレポートを発行しています。

(賭け金額に対しての勝利のパーセンテージが、データログファイルにて表示されます)

そして、世界的に有名な独立会計機関が、これらのペイアウト・パーセンテージを調査して証明しています。

最新のレポートは各オンラインカジノのウェブサイトで確認することができます。

オンラインカジノのカジノサーバーは、ライセンス発行のライセンシーの管轄下にあり、ライセンス規則にしたがって運営しています。

万全のセキュリティ

オンラインカジノでは、128-bit SSL (Secure Socket Layer) デジタル暗号化、不正防止ソフトウェアの開発し、試験を重ねています。

安心してカジノでのゲームプレー、そしてバンキングのお取引を行うことができます。

またバンキングキャッシャーセクションにおいても同様に不正防止ならびに不正探知を行っており、プレイヤーのアカウント、およびプレイヤーへの支払いを完全なものと保証することを目的としています。

オンラインカジノでは全ての取引を監視するための様々なセキュリティと不正防止コントロールを使用しています。

そのため、プレイヤーにしばしば身分証明、クレジットカードのコピー、署名された取引の履歴など、プレイヤーが払い戻しをする時に書類の提示をお願いすることがあります。

これは、購入と支払いが不正な取引ではないということを確証するために行っています。

プライバシーの保護

プレイヤーのプライバシーを守ることは、オンラインカジノにとっての最優先項目です。

このプライバシーに関する声明は、各オンラインカジノのウェブサイトもしくはカジノが採用しているシステムにて発表されています。

オンラインカジノにおいてはプレイヤーの個人情報を、提携、もしくは加盟団体以外のいかなる第三者にも販売、謙譲、転送しません。

加盟、提携団体は、プレイヤーの個人情報を厳密にアカウントを管理し、サービスを提供する目的でのみ使用します。

プライバシーポリシー

オンラインカジノではプレイヤーの情報を、要求されていないバルクもしくは広告メール(“スパム”)の伝送、配布もしくは配信等のいかなる方法でも、使用を禁止しています。

所有するプレイヤーの情報を、関連・提携団体以外のいかなる第三者へも売渡、取引、謙譲、貸与することはありません。

また関連・提携団体ではお客様のEメールをサービスの提供、およびアカウント管理の目的でのみ使用します。

その関連・提携企業が、顧客、または加入者のEメールアドレスに限らず、加入者の情報を使用、収集、入手することを許可および認可していません。

gotoTop