インペリアルカジノについて

インペリアルカジノというオンラインカジノは、1997年からはじまっているいまでは非常に高い実績をもつオンラインカジノになっています。 このインペリアルカジノは、多くのオンラインカジノのなかでもとくに早い日本語化を行っていて、1998年には日本語対応をはじめるようになっています。そのため、日本人プレイヤーからも愛されているオンラインカジノだということができます。 とくにグローバルなオンラインカジノとなっているインペリアルカジノですが、とりわけ日本人に対するサービスが手厚く、日本人限定のプローモーションも頻繁に開催されています。こういったところも日本人から親しまれる要因となっています。 登録後には、メールでボーナスを送ってきてくれたりします。

サイトからゲーム説明、サポートまで全部日本語において行われています。インペリアルカジノでは、クレジットカードで入金をすることも認められています。ネッテラーなどは便利ですが、やはりネットバンクを利用するようなやり方よりもクレジットカードでの入金のほうがより簡単にすますことができます。 とくに古風なゲームが揃っているというところも、インペリアルカジノの大きな魅力になっています。レトロな質感のゲームを楽しみたいという人に向いているオンラインカジノになっています。 台湾の大手企業であるGigaMedia社が経営を行っています。とくに公正な監査が行われるということで有名なTSTの審査も受けています。マルタ政府からライセンスももっていますから、そういった意味でも安心感のあるオンラインカジノになっています。

インペリアルカジノでは、ルーレットゲームが非常に高い人気を集めています。高額の賞金を狙いやすいシステムにもなっています。 とくにスロットゲームについては、高額配当を狙いやすいプレイテック系のビーチライフであったり、ゴールドラリーが設置されています。はじめての方でも、オンラインカジノのポテンシャルを十分に理解することのできるラインナップになっています。

最近では、オンラインカジノにおいてはその人気の高さから、マイクロゲーミングやプレイテックのソフトウェアを使用するということが非常に多くなっています。 ここインペリアルカジノもそれは例外ではなくて、もとは違うソフトウェアを使用していたのですが、いまではプレイテックのソフトウェアを使用するようになっています。 しかし、同じプレイテックのソフトウェアを使用しているオンラインカジノだから、どこのオンラインカジノでも同じゲームを遊ぶことができるのかというと、そういうことではありません。 プレイテック社に支払っているライセンス料が、オンラインカジノによって変わってくるからです。そのライセンス料をどれくらい支払っているのかによって、プレイできるゲーム数というのは大きく変わってきます。 そのため、同じプレイテック系のオンラインカジノであっても、どこでも自分がしたいお目当てのゲームがあるのかというと、そうではないというわけです。 そして、インペリアルカジノにおいては非常に多くのゲーム数が取り揃えられています。資金力のあるインペリアルカジノだからこそ、多くのライセンス料をプレイテックに支払うことができています。そのため、インペリアルカジノであれば、最新のものから定番のものまで、あらゆるプレイテックのカジノゲームをプレイすることができます。プレイテック系のゲームが好きだという人には非常におすすめのオンラインカジノです。

インペリアルカジノでは、ボーナスのサービスも非常に充実しています。インペリアルカジノのボーナスのすごいところは、4回目の入金まで適用されるということです。ふつうは初回入金のみのボーナスですから、これは非常にオトクです。 初回入金100%のボーナスを、最大で200ドルまで受け取ることができます。そして次から4回目の入金までは、同じくボーナス100%、最大で各100ドルのボーナスをゲットすることができるようになっています。なので、全部で最大で500ドルのボーナスを得ることができます。これはオンラインカジノのなかでもかなり高額のボーナスだということができます。しかもボーナス条件は20倍と比較的にゆるいので、達成しやすいのもメリットになっています。 インペリアルカジノでは、ランドカジノでよくみられるようなVIPプログラムも用意しています。ブロンズ、シルバー、ゴールド、プラチナムという4つのランクに分かれていて、ランクが上がるほどに手厚いサービスを受けることが可能になります。

このような、質の高いプロモーションやサービスが提供されているのが、インペリアルカジノの大きな魅力です。そのため、200以上の国にシェアを拡げていて、いまでは100万以上の会員を有するようになっています。グランドバーチャルのソフトウェアからプレイテックに移行したことによって、より一般的に浸透するようになりました。

gotoTop